個人

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

068_convert_20131212095351.jpg


個人について、ご紹介します。

ライフステージ
・人生を発達段階的にとらえ、以下の5つに分類する。
乳幼児期、少年期、青年期、成人期、高齢期

ライフコース
・発達論的に人生を送るのではなく、複数のコースを選択的に自分の人生に位置づけて生活設計をすること。
・年齢や性別といったまとまりでみるライフステージと異なり、個人を中心にとらえる。

社会的役割
・社会的状況の中で示される一定の規則性をもった行為。
役割取得
・他者の役割を認識し、それとの関連において自我を形成すること。
役割形成
・既存の役割規定の枠を超えて、新しい人間行為を展開すること。

生活領域
・個人の日常生活は、基本的欲求を基礎として基礎生活、社会生活、余暇生活の3領域で成り立っている。
基礎生活
・人が生きるために最低限必要な生活(食事、排泄、睡眠など)
社会生活
・他者や組織などとの関わりの生活(仕事、勉強、家事など)
余暇生活
・生きることの喜びや潤いを感じる生活(趣味活動など)

ワーク・ライフ・バランス
・仕事と個人の生活のバランスを維持しながら、仕事と生活の調和を目指すもの。
・2007年、「社会と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」が策定され、官民をあげてさまざまな取り組みが進められている。

ジェンダー
・社会的・文化的な差異に着目し、性別による区分のあり方を考えるもの(男性が外で働き、女性は家を守るなど)。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.12.13 11:00 | 人間と社会 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示