胃薬(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0021_convert_20150727100816.jpg

胃薬

2.胃薬の成分
1)制酸成分
・中和反応によって胃酸の働きを弱める
・制酸成分は炭酸水素ナトリウム(重曹)のほか、以下のものがある
アルミニウムを含む成分
・乾燥水酸化アルミニウムゲル、ジヒドロキシアルミニウムモノアセテート
マグネシウムを含む成分
・ケイ酸マグネシウム、酸化マグネシウム、炭酸マグネシウム
アルミニウムとマグネシウムの両方を含む成分
・合成ヒドロタルサイト、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム
カルシウムを含む成分
・沈降炭酸カルシウム、リン酸水素カルシウム
同じ作用の生薬成分
・ボレイ(牡蛎)
制酸成分の使用上の注意
・酸度の高い食品と一緒に使用すると、胃酸に対する中和作用が低下するため、炭酸飲料での服用は適当でない
・透析療法を受けている人がアルミニウムを含む制酸成分を長期間服用した場合、アルミニウム脳症、アルミニウム骨症を起こすことがあるため、使用してはならない
・腎臓病の診断を受けた人は、ナトリウムなどの無機塩類が体内に貯留しやすくなるため、医師などに相談する
・ほかの医薬品(かぜ薬、解熱鎮痛薬など)を併用した場合、制酸成分が重複して、高カルシウム血症、高マグネシウム血症を生じるおそれがある
・カルシウム、アルミニウムを含む成分は、止瀉薬に配合される成分でもあるため、副作用として便秘を生じる
・マグネシウムを含む成分は、瀉下薬に配合される成分でもあるため、副作用として下痢を生じる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2022.01.18 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医薬品胃薬(2)












管理者にだけ表示