障害者虐待防止法と医療法に関するキーワード

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

075_convert_20131221094644.jpg


介護福祉士試験対策として、障害者虐待防止法と医療法に関するキーワードをまとめます。

障害者虐待防止法
・平成24(2012)年に施行。
・この法律の障害者とは、身体障害、知的障害、精神障害のある者で、発達障害者も含む。
・養護者による虐待と、障害者福祉施設従事者による虐待、使用者(障害者を雇用する事業主または事業の経営担当者など)がある。
虐待の種類
・身体的虐待
・心理的虐待
・性的虐待
・介護等放棄(ネグレクト)
・経済的虐待

虐待を見つけた場合
・虐待者が養護者の場合、市町村に通報する。
・虐待者が障害者福祉施設従事者等の場合、市町村に通報する。
・虐待者が使用者の場合、市町村または都道府県に通報する。


医療法に関するキーワード

医療法が規定するもの
・病院、診療所などの開設や監督
・医療提供体制の確保について
・インフォームド・コンセント(医師が治療を始める前に、内容を説明し、患者から同意を得ること)に関することなど

病院と診療所の違い
・病院は、病床が20床以上
・診療所は、病床が19床以下

特定機能病院と地域医療支援病院との違い
特定機能病院
・高度な医療の提供
・高度な医療技術の開発
・研修の実施など
・承認者は、厚生労働大臣
地域医療支援病院
・紹介患者への医療の提供
・医療機器の共同利用の実施
・救急医療の提供
・地域の医療従事者への研修の実施
・承認者は、都道府県知事

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.12.22 07:58 | 介護福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護福祉士試験対策障害者虐待防止法と医療法に関するキーワード












管理者にだけ表示