ICFとケアマネジメントに関するキーワード

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

071_convert_20131224083345.jpg


介護福祉士試験対策として、ICFとケアマネジメントに関するキーワードをまとめます。

ICF(国際生活機能分類)
・2001年、WHO(世界保健機構)が採択。
・障害のマイナス面だけでなく、生活全体のプラス面とマイナス面の両方見る。

ICFの構成要素
1.健康状態
・病気、変調、ケガ、高齢、妊娠など
例)脳梗塞後遺症、75歳、男性
2.心身機能・身体構造
・身体系の生理的機能、身体の解剖学的部分
例)右上下肢が動きにくい
3.活動
・ADLや家事などを含む個人的な生活行為
・能力(できる行為)、実行状況(している活動)
例)付き添いは必要なく、車いすを自走している
4.参加
・家庭や社会での役割など、生活・人生場面への関わり
例)妻と料理を一緒に作る
5.環境因子
・物的環境、人的環境、自然環境、制度など
例)妻が介護者である、訪問入浴サービスを利用している
6.個人因子
・生活・人生の背景
例)寿司職人であった、子供に恵まれない夫婦であった

ケアマネジメント
・さまざまな社会資源を利用して利用者のニーズを満たすために、介護支援専門員(ケアマネジャー)が調整する。

社会資源の種類
フォーマルサービス
・介護保険、社会福祉、行政など
インフォーマルサービス
・地域のボランティア、親戚・知人など

ケアマネジメントのプロセス
1.インテーク 
・受理面接
2.アセスメント
・情報収取、情報分析、ニーズ把握
3.目標の設定
・ケアプランの作成
4.ケアプランの実施
・実施
5.モニタリング
・実施状況の確認
6.評価
・プランの継続または修正
7.終結
・利用者の死亡、ケアマネジャーの変更など

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓

関連記事
2013.12.25 09:40 | 介護福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護福祉士試験対策ICFとケアマネジメントに関するキーワード












管理者にだけ表示