口腔ケアに関するキーワード

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

011_convert_20131227111049.jpg


介護福祉士試験対策として、口腔ケアに関するキーワードをまとめます。

口腔ケアの目的
1.疾患の予防
・う歯、歯周病などを予防する
・誤嚥性肺炎を予防する
2.食欲増進
・正常な味覚を保ち、唾液の分泌も促す
3.身だしなみ
・口臭を予防する
4.嚥下機能向上
・口腔周囲筋のリハビリテーション

口腔ケアの方法
ブラッシング法(歯ブラシで磨く)
・歯ブラシをペンの持ち方で軽く握る
・歯垢を取り除くように、小刻みに磨く
口腔清拭法(口腔内を拭く)
・奥から手前に清拭する
・スポンジ、ガーゼ、柔らかい歯ブラシなどで行う
含嗽法(口をすすぐ)
・殺菌効果のある洗口剤を使う
・緑茶、レモン水で行う方法もある

義歯の取り扱い
装着方法
・下顎義歯から外し、上顎義歯からつける
洗浄方法
・歯磨き粉はつけない
・義歯用歯ブラシで磨く
夜間の保存
・乾燥によるひび割れを防ぐため、水につける
・週に1度は、義歯洗浄剤を使用する

食前の口腔ケアと嚥下体操の効果
・唾液の分泌を促し、嚥下機能を高める
・口腔周囲筋の柔軟性、筋力を高める
・嚥下反射を促し、誤嚥と誤嚥性肺炎を予防する

口腔ケアと嚥下体操のポイント
・口腔ケアは、食前と食後の両方で行うのがよい
・嚥下体操は、毎食前に実施すると最も効果がある
・口から食事しない人も、口内細菌が増えやすいので、口腔ケアは必要

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.12.27 11:09 | 介護福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護福祉士試験対策口腔ケアに関するキーワード












管理者にだけ表示