食事介助に関するキーワード

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

014_convert_20140107083121.jpg


介護福祉士試験対策として、食事介助に関するキーワードをまとめます。

食事摂取の流れ
1.食事の姿勢を保つ
2.目で確かめる
3.食器や箸、スプーンを持つ
4.食物を口に運ぶ
5.咀嚼する
6.嚥下する
※このうち、ひとつでも独力で出来ないと、介助が必要になる

誤嚥の予防する食事介助
1.排泄を済ませ、手と口を清潔にする
※食前に、嚥下体操をするのもよい
2.しっかり目を覚ます
3.姿勢を整える
4.片麻痺のある人の場合、介護者は、健側に座る
※食事中、患側の口の中を確認できるから、健側に座る5.水分と食物を交互に与える
※唾液の分泌が少ないため
6.少量を一口ずつ舌の中央に置き、飲み込みを確認しながら介助する
7.食後は口腔ケアを行う
8.食後30分程度は、身体を起こしておく
※消化を助けるため

食事の姿勢(座位)
1.座位が保てる場合は、できるだけ座位で食事をとる
2.股間瀬圧、ひざ関節、足関節の角度は、いずれも90度
3.車椅子の場合、フットレストから足を下ろす
4.テーブルは、肘を軽く曲げ、手を自然に乗せられる高さにする

食事の姿勢(臥位)
1.座位が保てない場合は、ベッドをギャッジアップした姿勢にする
2.ギャッジアップできない場合は、患側の下にクッションなどを入れ、健側をやや下にする

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.01.07 09:10 | 介護福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護福祉士試験対策食事介助に関するキーワード












管理者にだけ表示