消費者保護に関するキーワード

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

015_convert_20140107083040.jpg


介護福祉士試験対策として、消費者保護に関するキーワードをまとめます。

消費者保護の法律
1.消費者基本法
・安全が確保される権利、必要な情報を知ることができる権利など、消費者の基本的な権利を定めた基本法。
2.消費者契約法
・営業の際、重要な事項について事実と異なった説明をして契約した場合、事業者から告げられた内容を消費者が事実であると誤認した場合、契約を取り消すことができる。
3.家庭用品品質表示法
・指定された「家庭用品」は、「表示すべき事項」などが定められ、「家庭用品」の製造業者、販売業者などは、適正に表示しなければならない。
4.製造物責任法(PL法)
・商品の欠陥によって、人の生命、身体、財産に被害を受けた場合、製造物の欠陥が証明されれば、製造業者は損害賠償の責任を負う。

クーリングオフ制度
訪問販売、電話勧誘販売など(通信販売を除く)で契約した場合でも、あるひってい期間内であれば、書面通知によって無条件で申し込みの撤回や契約の解除ができる。
・訪問販売、割賦販売などは、書面を受領した日から8日間。
・マルチ商法は、書面を受領した日から20日間。

国民生活センター
・国の機関で、独立行政法人国民生活センター法に基づき、消費者相談、消費者情報の提供、商品テストなどの事業を行っている。

消費生活センター
・地方自治体の機関で、消費者情報の提供、消費者教育、商品テスト、消費者相談の受付や苦情処理にあたっている。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.01.09 07:55 | 介護福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護福祉士試験対策消費者保護に関するキーワード












管理者にだけ表示