重要な数字(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

023_convert_20140116053801.jpg


介護福祉士試験対策として、重要な数字をまとめます。

「1」
・介護保険、後期高齢者医療の自己負担額は原則1割
・第1種社会福祉事業は、国、地方公共団体、社会福祉法人が経営する入所施設など
・糖尿病の1型は、若年者に多い
・育児休業期間は原則1年。一定の理由により1年6ヶ月まで
・乳児は1歳未満
・年金制度の第1号被保険者は自営業者、学生
・介護保険の第1号被保険者は65歳以上

「1.5」
・健康保険の疾病手当金の支給期間の上限は1年6ヶ月
・市町村は1歳6ヶ月児健康診査を実施する

「2」
・障害者の法廷雇用率は、民間企業は2%、国、地方公共団体は、2.3%
・障害基礎年金は1級から2級まで
・聴覚障障害の身体障害者程度等級表は2級が最も重い
・第2種社会福祉事業は、在宅サービスが多く、都道府県知事へ届出が必要
・糖尿病の2型は中年以降の発症が多い
・年金制度の第2号被保険者は、サラリーマン
・介護保険の第2号被保険者は、40以上65歳未満の医療保険加入者
・医療保険の療養給付で義務教育就学前までは、2割負担
・体位変換は、2時間おき

「3」
・市町村介護保険事業計画は3年を1期とする
・民生委員の任期は3年
・障害厚生年金は1級から3級まで
・精神障害者保健福祉手帳は1級から3級まで
・音声・言語・そしゃく機能障害の身体障害者程度等級表は3級が最も重い
・年金制度の第3号被保険者は、第2号被保険者の被扶養配偶者
・市町村は3歳児健康診査を実施する
・義務教育就学から70歳未満、70歳以上の高額所得者の療養給付の自己負担は3割

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓

関連記事
2014.01.16 09:17 | 介護福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護福祉士試験対策重要な数字(1)












管理者にだけ表示