介護福祉士の筆記試験の詳細

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

048_convert_20140120155618.jpg


介護福祉士の筆記試験の詳細をご紹介します。

問題
・問題数は、120問
・五者択一のマークシート形式

試験時間
・午前は、110分(10:00~11:50)
・午後は、100分(13:45~15:25)

領域と科目群
1領域「人間と社会:16問」
科目群1)人間の尊厳と自立(2問) 
科目群2)人間関係とコミュニケーション(2問)
科目群3)社会の理解(12問)

2領域「介護:52問」
科目群1)介護の基本(16問)
科目群2)コミュニケション技術(8問)
科目群4)生活支援技術(20問)
科目群5)介護過程(8問)

3領域「こころとからだのしくみ:40問」 
科目群6)発達と老化の理解(8問)
科目群7)認知症の理解(10問)
科目群8)障害の理解(10問)
科目群9)こころとからだのしくみ(12問)

「総合:12問」
科目群10)総合問題(12問)
※総合問題は、上記3領域の知識と技術を事例形式で問う問題

合格基準
1.総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した点数以上の得点
2.上記10領域すべてに得点する
※ひとつの領域でも0点があれば不合格となる

介護福祉士試験は、平成元年の第1回試験から、これまで25回実施されています。過去五年間の合格最低点と得点率の推移を以下の通りです。
      120問 得点率
平成24年度 69点 58% 
平成23年度 75点 63%
平成22年度 71点 59%
平成21年度 75点 63%
平成20年度 76点 64%

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.01.23 09:37 | 介護福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護福祉士試験対策介護福祉士の筆記試験の詳細












管理者にだけ表示