薬を飲み忘れたとき

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0146_convert_20140210073235.jpg


薬を飲み忘れたときの対応につて、ご紹介します。;

薬を飲み忘れたとき、それほど時間が経っていなければ、気が付いたときに飲んで下さい。

時間が経ってから気付き、しかも、次の服用時間が近いときは、飲み忘れた分はそのままで、次の薬を飲んで下さい。

但し、空腹時に飲むべき薬を食後に飲むと悪影響が出るので注意が必要です。
朝一回とか、決められた時間に飲む薬を飲み忘れた場合は、次の日の決められた時間に飲んで下さい。

飲み忘れたと思って飲んだところ、きちんと飲んでいたという場合、二重に飲んだことで何か異常がなければ、次回以降、きちんと飲んで下さい。

万一、気になることがあれば、薬を処方した医師に問い合わせて下さい。

同じ薬を続けて飲む場合、一般的には、3時間以上あけて下さい。

次に、効能は同じで異なった薬を服用する場合です。

例えば、頓服の熱さましを飲んだ後、熱が下がらないといって座薬の解熱剤を使用することは、血圧を下げ過ぎるのでとても危険です。従って、薬を重ねて服用することは厳禁です。

ありがちなことに、病院でもらった薬を飲んでいるのに、薬局で買った薬を自分の判断で追加して飲むことも、効き目が強くなり過ぎて副作用が出る恐れがあるので避けて下さい。


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓


関連記事
2014.02.12 10:25 | | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ薬を飲み忘れたとき












管理者にだけ表示