高瀬比左子氏特別講演(5)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0304_convert_20140219124223.jpg

人との関わりが希薄な現代だからコミュニケーションの奥深さを楽しめる福祉人材が増えてほしい!
 〜現場に対話の機会を〜

『未来をつくるkaigoカフェ』の主催者 高瀬 比左子氏

**********************************
(前回からの続き)

そのような異なる価値観の人たちと共に働き、自分を保っていくためには、
先輩が言っているから
管理者が言っているから

というように、
人の意見だけを鵜呑みにせず、自分の頭で考えて判断する能力を身に付ける必要がある。

自分の軸を持つためのひとつの方法は、
組織の中の常識だけに縛られない
視野を拡げる
自分や今いる組織を客観的に見る目をもつことが大切。


そのためには、
肩書や役職、職種や業種を問わず、自由な会話ができる「kaigoカフェ」のような場に参加することもひとつの方法。

ここで、「kaigoカフェ」で開催している生活プランをご紹介します。

生活プランとは、
仕事でもプライベートでも自分自身の毎日が生き生きと楽しむために自ら作るものです。

介護職や介護に関わる者として忙しい毎日を過ごしていると、アッという間に半年、一年が過ぎてしまう。

自分のやりたいことやなりたい姿が何なのか、考える余裕すらないのが現実。

そんな介護を提供する側の介護職も自分らしく毎日をイキイキと過ごすために目的意識をもって自分なりに思い描く未来を実現させていく必要がある。

要介護者の方の強みを活かし生活の質を高めるためのプランは、介護を提供する側の介護職にとっても大切な発想。

「kaigoカフェ」では、半年に一回、夢の後押しをするために、参加者は、生活プランを共有する場を作り、公表することにしている。

自分が実現したい夢や目標を公表することにより、
後戻りできない状況を作る
自分の中でも明確な意識付けができる
応援してくれる人が現れる


結果的に実現の可能性が高まる。

(次回に続く)

このあと、檀上で6人の生活プランの例が発表される。


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.02.20 04:23 | 講演会 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ講演会高瀬比左子氏特別講演(5)












管理者にだけ表示