和田行男さんの講演会(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG9503_convert_20140222092501.jpg


介護の学校 町田本校のトークライブ

「和田行男・宮崎直人」

2月21日(金曜)、18時45分から1時間、宮崎直人さんの講演があり、続いて、19時55分から1時間、和田行男さんと宮崎直人さんの対談となりました。ここでは、後半の和田さんと宮崎さんの対談の要旨をご紹介します。

(メインのスピーカーは和田さんで、時々、宮崎さんに意見を尋ねる形式での対談がスタート)

先日、奈良の仲間から、「若年性認知症の人が行方不明になった」という連絡を受けた。

現地に駆けつけると、すでに捜索は始まっていた。

しかし、捜索人数が足らないため、東京、滋賀、名古屋から仲間の応援を頼んだ。

結果的には、2日後、警察に保護される。

その際、警察官に対し、こう言いました。

「お前はなんだ。俺はここで仕事をしているんだ。河川敷の草刈りが終わったら帰ろうと思っていたんだ。」

つまり、周りは行方不明だと言っているが、本人がそこ(河川敷)にいる理由は、ちゃんとある。

さらに続けて、こう言いました。

「命を落とすかもしれないボクシングに行く奴を止める権利は誰にもない。たとえ家族にもない」と。。。

実は、その人、昔、ボクサーだった。

今はというと、家族の意思で精神病院へ入院させられた。

今日は、このテーマに絞ってお話しをしていきたいと思います。

(次回に続く)

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.02.22 09:23 | 講演会 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ講演会和田行男さんの講演会(1)












管理者にだけ表示