認知症の種類と症状

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0428_convert_20140225122209.jpg


認知症の種類と症状についてご紹介します。

認知症は、以下の4つに大別されます。
1.アルツハイマー型認知症
・脳が委縮する
・女性に多い
・人格が徐々に崩れる
・徘徊、多動を伴う
・全般的認知症

2.血管性認知症
・脳血管障害を伴う
・男性に多い
・人格は比較的保たれる
・感情失禁を伴う
・まだら認知症

3.レビー小体型認知症
・レビー小体という特殊なものが大脳皮質にできて、神経細胞を障害することで発病する
・幻視、パーキンソン症状、日内変動などが特徴

4.前頭側頭型認知症(ピック病)
・脳の前頭葉から側頭葉にかけた部分が委縮する
・初老期に多く見られる
・性格の変化や異常行動が特徴

認知症状が現れるその他の疾患
慢性硬膜下血腫
・硬膜の下と脳の間に血腫ができる疾患
・血腫が脳を圧迫し、さまざまな症状が出る
・転倒などによる頭部外傷が原因のことが多い
・認知症に似た症状が出ることことがある

正常圧水頭症
・突発性正常圧水頭症は原因不明
・脳脊髄圧が正常範囲で脳室拡大が起き、水頭症が進行する
・認知症、歩行障害、尿失禁などの症状が現れる

ハンチントン病
・慢性遺伝を示す神経変性疾患
・成人に発症する
・舞踏病運動と認知症が進行する

クロイフェルト・ヤコブ病(CJD)
・異常なプリオン蛋白が脳に蓄積して神経細胞が変性する
・認知症、けいれん、意識障害が進行する


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.02.27 09:57 | 認知症 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ認知症認知症の種類と症状












管理者にだけ表示