バイタルサイン

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0457_convert_20140302085005.jpg


バイタルサインについて、ご紹介します。

バイタルサインとは、人間が生きている状態を示す兆候、所見のこと。
狭義には、体温、血圧、脈拍、呼吸を指す。

1.体温測定
・体温計には、水銀体温計、デジタル体温計、耳式体温計がある。
・測定する箇所により温度差がある。直腸が最も高く、次に口腔、腋窩(えきか:腋の下)の順で低くなる。
・腋窩検温は、腋の下の中央部に体温計のセンサー部が当たるよう、前下方から45度の角度で挿入する。
・37度以上が高体温、34度以下が低体温。

2.血圧測定
・血圧は、血液が血管壁に及ぼす圧力の大きさ。
・血圧の正常値は、最高血圧が130mmHg未満かつ最低血圧が85mmHg未満。
・血圧は測定時の姿勢に影響を受けやすい。

3.脈拍測定
・脈の回数、リズム(整・不整)、大きさ、緊張などを観察する。
・橈骨(とうこつ)動脈で測定することが多い。
・3指(人差し指、中指、薬指)を動脈の真上に置き指腹で触診する。
・通常、1分間で60~70を正常とする。
・60未満は徐脈、100以上は頻脈。

4.呼吸測定
・呼吸数、深さ、リズムなどを観察する。
・呼吸は意思で変化させることができるので、測定する際は気付かれないようにする。
・通常、1分間に16~20回。


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.03.02 08:48 | 健康 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ健康バイタルサイン












管理者にだけ表示