麻薬に対する誤解と正しい知識

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0010_convert_20140313095534.jpg

麻薬に対する誤解と正しい知識について、ご紹介します。

麻薬は優れた鎮痛薬ですが、根強い誤解が存在します。

麻薬に対する誤解
・麻薬中毒になる
・末期患者に使用するため、先が短い
・寿命を縮める
・副作用が強く継続して使えない
・一旦、使用すると何もできなくなる
・頭がおかしくなる
・早くから使い始めると効き目がなくなる

このような誤解が生まれたのは、昔の医師は、末期患者の痛みを緩和するため、急激に大量のモルヒネを投与していたことがあったからです。

現在は早期の段階から、適切な量を投与しており、上述した誤解のようなことは起きません。

麻薬に対する正しい知識
・痛みのある人に使えば依存が起こらない
・減量や中止することも可能
・痛みがあれば早期から使う
・早期に使用を開始すると痛みが軽減し、結果として延命する
・適量であれば普通に生活することができる
・知能や認知機能にはほとんど影響しない
・効果がなくなることがないので早期から使用できる


日本は他の先進国に比べると緩和ケアで使用する麻薬の使用は遅れています。つまり、十分な鎮痛が実施されていないということです。

今後は、全ての医師が痛みを和らげる知識や技術を身に付け、患者さんの苦痛をできる限り最小限に留めることが期待されます。


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.03.16 08:20 | 緩和ケア | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ緩和ケア麻薬に対する誤解と正しい知識












管理者にだけ表示