鎮痛剤を使うときの配慮

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0050_convert_20140317085250.jpg


鎮痛剤を使うときに配慮すべきことを、ご紹介します。

鎮痛剤の使用には、WHO方式の5原則を基本とします。

WHO方式の鎮痛剤使用の5原則
1.できるだけ口から飲む
→自己管理しやすく、簡単で苦痛がないため
2.時刻を決めて規則的に投与する
→とりれなく安定した効果を持続できるため
3.WHO3段階除痛ラダーに沿った順序で薬を選択する
→痛みに応じた適切な投与ができるため
4.投与量は患者ごとに決める
→人により痛みが消える量が違うため
5.患者に沿った細かい配慮
→副作用への対応を患者や家族に説明をして同意を得る

WHO3段階除痛ラダー
WHOが提唱した世界共通の鎮痛方法で、患者の痛みを軽・中・強の3段階に分け、それぞれに応じた鎮痛剤を選択する
・第一段階(軽度の痛み):オピオイド以外の鎮静剤を使用
・第二段階(中度の痛み):弱い痛みに使うオピオイドを使用
・第三段階(強度の痛み):強い痛みに使うオピオイドを使用

鎮痛剤の形
1.経口薬
・口から飲む薬で、これがまず優先
2.坐薬
・口から飲めず、直腸に異常がない場合、肛門から挿入する
・飲み薬よりも速く強い効果がある
3.貼付薬(ちょうふやく)
・皮膚に貼る薬
・便秘や眠気がひどい場合、フェンタニルのパッチを使う
4.注射薬
・経口薬、坐薬、貼付薬が使えず、レスキュー(速放性製剤)も使えない場合、皮下または静脈に持続的に注入する


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.03.17 08:49 | 緩和ケア | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ緩和ケア鎮痛剤を使うときの配慮












管理者にだけ表示