生活不活発病

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0821_convert_20140331095008.jpg


生活不活発病について、ご紹介します。

高齢者に起こりやすい疾病のひとつに、生活不活発病があります。

生活不活発病は、廃用症候群とも呼ばれ、心身の機能を十分に活用しないことで、身体的及び精神的に機能が低下した状態のことです。

入院して、長期間ベット上での生活を強いられたり、うつ状態でベットや布団から出ようとしない状態が続くと起こります。

生活不活発病を引き起こす要因
・脳血管障害
・精神心理的障害(認知症、うつ)
・心肺機能の低下(心不全、慢性閉塞性肺疾患)
・疼痛(腰痛症、閉塞性動脈硬化症)
・環境(ひきこもり、一人暮らし)
・心理的ストレス(麻痺、在宅酸素)

生活不活発病の症状と予防法
1.関節拘縮
・早期離床(手術後、必要な治療後、なるべく早く動けるようにする)
・良肢位の保持
・関節可動域訓練
2.褥瘡(じょくそう)※床ずれのこと
・体位変換
・栄養状態の改善
・皮膚の清潔保持
3.筋肉の委縮
・早期離床

・リハビリテーション
4.認知症
・作業療法
・レクリエーション療法
・社会参加により孤独化を避ける
5.尿失禁
・ポータブルトイレの使用
・膀胱留置カテーテルの導入(自然排尿が困難な場合、尿道口からカテーテルを膀胱まで挿入し、尿を体外へ出す)
6.便秘
・食物繊維を多く摂る
・十分な水分補給
・適度な運動
7.起立性低血圧
・立位訓練
・脱水や降圧剤の過剰投与を避ける


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.04.03 09:58 | 高齢者 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ高齢者生活不活発病












管理者にだけ表示