ケースワーク

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0750_convert_20140411054126.jpg


ケースワークついて、ご紹介します。

ケースワーク
・クライアントの生活課題の解決を個別に援助する方法
個別援助技術とも言う

ケースワークの原則
・受容的・非審判的態度の原則に立ち、クライアントが問題を自ら解きほぐし、自己決定を下していけるよう援助する
・ワーカーは、援助目標、期間、方法など意識的調整過程として一定の見通しを立てる力と自己覚知、自己洞察力、人権尊重といた職業倫理の実践などの諸原則に裏付けられた面接を主な手段としてケースワークを展開する

自己覚知
・援助者が自らの性格、個性を知り、感情、態度を意識的にコントロールすること
※援助者の価値観や感情に左右されない援助を提供するために重要

ケースワークの展開
・インテークから始め、面接を主な手段として展開する
・問題把握、資料収集、援助目標と援助計画の策定、援助活動の展開、評価

ケースワークの技能
1.面接の技法、積極的傾聴、基本的コミュニケーション技能
2.生活の全体的把握と具体的な支援方法
3.共感的理解を深め、専門家として、困難な状況下で援助関係を維持する技能
4.近隣の人々の不安などについての多様な専門的介入の方法と技術

適用場面
・児童相談所、精神保健センターなど福祉関連の相談機関、病院、老人ホームなど


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓


関連記事
2014.04.13 05:14 | ソーシャルワーク | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページソーシャルワークケースワーク












管理者にだけ表示