後期高齢者医療制度の概要

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG0227_convert_20140414165739.jpg


後期高齢者医療制度について、ご紹介します。

高齢者医療確保法の目的
1.医療費の適正化を推進するための計画の作成
2.保険者による健康診査等の実施に関する措置を講じる
3.国民の共同連携の理念等に基づいて、
・前期高齢者に係わる保険者間の費用負担の調整
・後期高齢者に対する適切な医療を行うために必要な制度
を設け、国民保険の向上と高齢者福祉の推進を図る
※前期高齢者(65~74歳)、後期高齢者(75歳以上)

後期高齢者医療制度の概要
1.運営主体
後期高齢者医療広域連合(都道府県ごとにすべての市町村が加入して設立)

2.被保険者
広域連合の区域内に住所を有する者で次のいずれか
・75歳以上の者
・65歳以上75歳未満でも、当該広域連合の障害認定を受けた者

3.保険給付の種類
・療養給付
・入院時食事医療費
・入院時生活療養費
・保険外併用療養費
・療養費
・訪問看護療養費
・特別療養費
・移送費
・高額療養費
・高額介護合算療養費
・条例で定める給付


4.被保険者の負担額
・一般:1割
・現役並み所得者:3割

5.被保険者の保険料
・均等割50%:頭割
※低所得者、収入に応じ、2割、5割、8.5割、9割の軽減

・所得割50%:応能割、所得比例部分
・減免:特別の事由がある場合、保険料の減免、徴収の猶予あり

6.納付
受給している年金が年額18万円以上の場合、年金から天引き(特別徴収)


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.04.18 11:15 | 高齢者 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ高齢者後期高齢者医療制度の概要












管理者にだけ表示