訪問介護・介護予防訪問介護

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0037_convert_20140419064434.jpg


訪問介護・介護予防訪問介護について、ご紹介します。

訪問介護の目的
・家に住み続けたいと願う高齢者のニーズに応える
・在宅サービスの中で通所介護に次いで利用が多い

訪問介護の内容
1.生活援助
清掃、洗濯、衣類整理、被服補修、ベットメイク、調理、配下膳、買物、薬の受け取り
2.身体介護
排泄介助、食事介助、入浴介助、清拭、身体整容、洗面、更衣介助、体位変換、移動・移乗介助、通院・外出介助、就寝・起床介助
※自立支援のための見守り支援
※嚥下困難者のための流動食や糖尿食などの特別な調理

3.通院等乗降介助
介護保険介護タクシー

生活援助に含まれないもの
1.利用者以外のもの
・利用者以外の者への調理、洗濯
・利用者以外の者が使用する居室の清掃
・来客の応接(お茶出しなど)
2.日常生活援助に該当しないもの
・草むしり、花木の水やり、犬の散歩
・大掃除、部屋の模様替えなど家事の範囲を超える作業
3.医療行為でないもの(ただし、身体介護で提供可能)
・バイタルチェック(体温・血圧の測定)
・軽微な切り傷、擦り傷など専門的な判断や技術を要しない処置
・医療行為でないもの
軟膏の塗布、湿布の貼付、目薬の点眼、座薬の挿入、一包化された内服薬の服用、爪の手入れ、歯や口腔粘膜、舌に付着した汚れの除去、耳垢塞栓を除く耳垢除去、ストマ装具のパウチの排泄物処理、自己導尿補助のためのカテーテル準備や体位保持


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.04.20 06:59 | 福祉サービス | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ福祉サービス訪問介護・介護予防訪問介護












管理者にだけ表示