コミュニティソーシャルワーク

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0515_convert_20140430091505.jpg


コミュニティソーシャルワークについて、ご紹介します。

コミュニティソーシャルワークとは
地域において援助を必要としている人に対し、ケアマネジメントの支援を提供しつつ、ソーシャルサポートネットワークづくりを行い、同様の問題が起きないように福祉コミュニティを実践するなどし、総合的に課題を解決していくこと。

コミュニティソーシャルワークの展開過程
1.地域ニーズの把握
・地域にどのような福祉問題があるかを把握、発見する。
・潜在的なニーズを掘り起こし、早期にキャッチする。
・アウトリーチややサービスへのアクセス障壁をなくすことも重視する。

2.地域アセスメント
・個別アセスメントと地域アセスメントの両方を視野にいれて実践する。
・地域の特性、社会資源、統計資料調査のデータなどを把握する。
※個別アセスメントと地域アセスメントを連結して理解する。

3.プランニングと実施
・地域住民のニーズを満たし問題を解決するための活動を計画し実施する。
・個人への支援は、ケアマネジメントの支援を基本として、総合的にプランニングされることが大切。
※個別支援と地域支援の両方を視野にいれて展開する。

4.評価
・個人への支援を通じて、同様の問題を抱えている人を明らかにし、課題の普遍化を図る。
・地域住民や関係者と課題を共有し、サポートネットワークを形成していく。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.05.01 07:20 | ソーシャルワーク | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページソーシャルワークコミュニティソーシャルワーク












管理者にだけ表示