介護保険の被保険者

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0344_convert_20140510122021.jpg


介護保険の被保険者について、ご紹介します。

介護保険の保険者は、市町村及び特別区(以下、「市町村」)です。
※特別区とは、東京23区のこと

介護保険の被保険者とは、市町村に住む住民で、以下の2種類があります。
・第1号被保険者
市町村の区域内に住所を有する65歳以上の者
・第2号被保険者
市町村の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の者で、医療保険に加入している者

介護保険は、何ら手続きを必要とせず、年齢などの条件を満たすと自動的に被保険者となる強制適用となっています。

外国人の場合
・日本に長期間、居住する在日外国人や、日本に3ヶ月以上滞在する外国人は住民票が作成されるため、被保険者となります。
・逆に、日本国籍があっても、海外に長期滞在するなど、日本に住民票がない場合、被保険者になりません。

生活保護の場合
・生活保護の受給者となるには、その区域内に住所を有する必要があります。従って、年齢が65歳以上であれば第1号被保険者になります。
・一方、40歳以上65歳未満の者は、医療保険に入っていないことが多く、ほとんどの場合、第2号被保険者にはなりません。
※医療保険に加入していれば、第2号保険者になります

生活保護受給者は、国民健康保険の適用除外となっているためです。


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.05.11 05:15 | 介護保険 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険介護保険の被保険者












管理者にだけ表示