自立と自立支援

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

049_convert_20130825055649.jpg


自立と自立支援について、ご紹介します。

自立
・自分の生活が、他人の助けや支配を受けることなく、自分ひとりの力で行うことができること

自律
・自立の前提となるもので、何かを目指す心の働きのこと
・自立を現実的かつ効果的に達成するには、精神的自律を伴うことが必要

自立支援
・高齢者が自らの意思に基づき、自立した質の高い生活を送ることができるように支援すること(「新たな高齢者介護システムの構築を目指して(1994年)」より)

※利用者が意欲をもたない状態での自立支援は、自立の強要となりかねない

自立生活の支援
・利用者の個性を尊重し、そのライフスタイルに沿って自分らしく生きることを援助すること

※寝たきりや認知症になっても、自分の意思で自分の生活をコントロールできるように援助することが大切

介護福祉士は、権利の侵害を受けていたり、受けていても表面化していなかたりする利用者や家族に対して、権利の回復に立ち向かう力量をもつように援助することにより、利用者の潜在力を引き出すエンパワメントの視点を持つことが必要

意欲が低下している利用者には、
1.共感する
2.人間関係を活用する
3.自己決定を尊重する
4.ストレングスを活かすコミュニケーション

※ストレングスとは、「強み」のことで、人が潜在的に有する能力、意欲、関心などを示す

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.05.27 10:08 | 人間と社会 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ人間と社会自立と自立支援












管理者にだけ表示