人間の尊厳と自立

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

130_convert_20131104050111.jpg


人間の尊厳と自立について、ご紹介します。

人間の尊厳
・人間が個人として尊重されること
・生活支援の基本的原理

自立とは、心身の障害等によって生活に支障を生じている者が、日常生活をセルフケアによって営む生活の自立だけでなく、心理的に他者への依存から脱し、自ら意思決定をし、可能な限り、社会において何らかの役割をもって活動すること。

自立を現実的かつ効果的に達成するには、自分で立てた目標に従って、自分のことは自分でやていくという精神的自律が必要である。

生活自立は、自立の前提となる、精神的な自律と、利用者の人格的態度によって統合され、分けることはできない。

自律生活とは、自己決定によって福祉サービスを利用したり、介護や援助を受けて生活すること。

※自己決定とは、利用者が自らの意思で自らの方向を決定すること

自立とは、前提に自律があり、他者からの援助を受ける、受けないに拘わらず、自分の行動に責任を負うことを意味する。

人間の尊厳とは、個人の生き方の尊重であり、自立とは、その人の個性を大切にして、与えられた環境のもとで生活設計をしていく道筋。

「人間を理解する」とは、現在、過去の日常生活状況と、未来への希望といった志向性を含めた生活の営みを理解すること。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.05.28 10:51 | 人間と社会 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ人間と社会人間の尊厳と自立












管理者にだけ表示