社会調査の意義と目的

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0459_convert_20140602215547.jpg


社会福祉士に必須の知識である社会調査の意義と目的について、ご紹介します。

社会調査とは、国(政府)、地方自治体、営利法人(企業)、非営利法人(学校、医療、福祉など)、個人(研究者、ジャーナリスト、市民など)やその集まり(団体)などが調査主体となり、さまざまな課題への理解、対応策の立案などを目的に行う調査対象の実態把握についての試みのこと

社会調査の要件
・第1要件:社会調査における手続きの合理的な可視化
・第2要件:第1要件を踏まえた上で、調査主体と調査対象との間の情報の非対称性の低減


※社会調査の合理的に可視化された手続きは、社会調査の教育・学習コンテンツを通じたルートと、パッケージソフトなどの情報関連技術を通じたルートにより、標準化された形で普及が図られるようになった。

社会調査の対象
・社会福祉における社会調査は、19世紀以降の産業化と都市化による急激な社会変動に伴う貧困、失業、犯罪、都市衛生などの社会問題を発見し、それらを解決するための社会踏査として遂行されてきた。

※社会福祉調査は、社会調査の一環であり、いわゆるセンサスと呼ばれる社会経済統計の流れと、社会改良運動と結びついた実践的な事例研究を主とする社会調査の流れに大別できる。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.06.03 07:50 | 社会調査 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会調査社会調査の意義と目的












管理者にだけ表示