社会調査における倫理

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0444_convert_20140602215408.jpg


社会調査における倫理について、ご紹介します。

倫理規定とは、一般社団法人社会調査協会が定めた、社会調査に関する倫理をまとめたもので、研究、教育にあたる者が心がけるべき項目が示されている。

研究や調査における倫理的配慮
1.分かりやすく研究趣旨を説明する
2.調査データの用途を明示する
3.対象者に不利益を生じるリスクはすべて排除する
4.対象者の心証を害する恐れのある内容は除外する
5.対象者の負担軽減のため、最短時間で済むように計画する

※これらは、最低限、守るべきものである

社団法人日本社会福祉士会が定めた社会福祉士の倫理綱領の倫理基準の中に、専門職としての倫理責任のひとつとして、「社会福祉士はすべての調査・研究過程で利用者の人権を尊重し、倫理性を確保する」ことが定められている。

社会福祉士の倫理綱領に基づいて作成された社会福祉士の行動規範で、社会福祉士は、
1.社会福祉に関する調査を行い、結果を公表する場合、その目的を明らかにし、利用者等の不利益にならないよう最大限の配慮をしなければならない
2.事例研究にケースを提供する場合、人物を特定できないよう配慮し、その関係者に対し、事前に承認を得なければならない

と定められている。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.06.04 09:31 | 社会調査 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会調査社会調査における倫理












管理者にだけ表示