生活保護の権利および義務

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0066_convert_20140615231654.jpg


生活保護の権利および義務について、ご紹介します。

権利及び義務
権利
不利益変更の禁止
・正当な理由がなければ、既に決定された保護を不利益に変更されない
公課の禁止
・保護金品を標準として租税その他の公課を課せられない
差し押さえの禁止
・すでに給与を受けた保護金品またはこれを受ける権利を差し押さえられることはない
譲渡の禁止
・保護を受ける権利を譲り渡すことができない
義務
生活上の義務
・常に、能力応じて勤労に励み、支出の節約を図り、その他生活の維持、向上に努めなければならない
届出の義務
・収入、支出その他生計の状況に変動があったとき、または居住地、世帯の構成に異動があったときは、速やかに、保護の実施機関または福祉事務所長にその旨を届け出なければならない
指示等に従う義務
・保護の実施機関からの指示には従わなければならない
費用返済義務
・急迫した事情で資力があるにもかかわらず保護を受けた場合、保護の実施機関の定める額を返済しなければならない

用語の定義
要保護者
・現に保護を受けているいないに拘わらず、保護を必要とする状態の人
被保護者
・現に保護を受けている人
現物給付
・物品の給与または貸与、医療の給付、介護サービスなど金銭以外で行う保護
金銭給付
・金銭の給付または貸与による保護

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.06.19 06:52 | 社会福祉 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会福祉生活保護の権利および義務












管理者にだけ表示