アセスメント

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG0064_convert_20140327124132.jpg


アセスメントについて、ご紹介します。

アセスメントとは、(認知症の人を知るため、)観察により、対象者の全体像を把握し、総合的な判断により、課題やニーズを明らかにすること。

アセスメントの情報
1.心身・社会的状態
・疾患、治療法、服薬、バイタルサイン
・記憶の状態、見当識、判断力、BPSD
・日常生活への支障の程度
・日常生活動作能力の状態
・日常生活の過ごし方
・生活リズム、これまでの生活歴、家族構成
・生活に対する意向、考え方、現在の心境

2.介護者の状態
・介護者の健康状態、認知症への理解、本人との人間関係
・介護方針、実践力、意欲、介護方法への理解
・介護による家族への影響、介護者の仕事、必要な時間
・家族の介護分担、近隣・ボランティアの協力体制

3.環境要因
・住環境の設備、住環境の変化、安全面への配慮
・日常生活自立・心身の活性化を促す環境
・外部との交流、介護しやすい環境
・必要な設備、用具の整備と活用状況
・近隣、ボランティアの協力体制

4.介護サービスの活用状況
・サービス活用の種類、適応状態、本人および家族への影響
・サービス活用の満足度(本人、家族)
・経済的負担、サービス活用への要望

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.06.29 05:38 | 認知症ケア専門士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示