認知症の作業療法

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0024_convert_20140708083938.jpg


認知症の作業療法について、ご紹介します。

作業療法
・身体または精神に障害のある人、それが予測される人に対し、主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復や維持を促す作業活動を用いて、治療、訓練、指導、援助を行うこと

作業活動には、生きる、働く、楽しむ、という3つの内容を含む

作業活動は、生活のあらゆる場面において、以下の5つの要素の組み合わせにより、実践されている。
1.運動機能
・筋力と関節の可動性、全身の耐久性、手の巧緻性など
2.感覚機能
・視覚、聴覚、触覚、痛覚、深部覚(運動覚、位置覚)など
3.知的機能
・理解力、判断力、思考力など
4.社会的機能
・対人関係の構築、役割の遂行など
5.心理的機能
・情緒安定、意慾など
※巧緻性(こうちせい)とは、手先の器用さなどを指す表現

作業療法士の役割
作業療法士(OT:Occupational Therapist)
・診療の補助として、作業療法を行う専門職。

作業療法士による作業療法は、対象者の残存しているプラス機能を生かすことを基本に、作業活動や人と人との交流を通じ、日常生活を送る上で現れる様々な症状の軽減を図る。

作業療法士の5つの役割
1.ADLおよび応用動作能力の自立を図る
2.QOLの向上を図る
3.廃用症候群の予防
4.社会的機能の向上を図る
5.心理面の安定を図る


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.07.08 09:06 | 認知症ケア | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ認知症ケア認知症の作業療法












管理者にだけ表示