作業療法における評価

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0017_convert_20140708084007.jpg


作業療法における評価について、ご紹介します。

作業療法では、
先ず、認知症の人の全体像を把握するための評価をする
次に、評価した結果から、現存している機能を生かし、取り組むべく目標を設定する
最後に、作業療法プログラムやケアプラン作成に生かし、効果判定の資料にする

作業内容
1.生きる(日常生活動作)
・食事、排泄、入浴、睡眠、静養など
2.働く(仕事、生産的活動)
・仕事関係、学業、家事、通勤・通学、社会参加
3.楽しむ(余暇活動)
・スポーツ、会話、交際、マスメディア(テレビ、新聞、本、ビデオなど)

評価方法
1.面接・情報収集
・対象者や家族から、本人の趣味、興味、仕事、役割から、日常生活のリズム、睡眠の質と量、交友関係、外出頻度、地域活動への参加状況などを尋ねる
2.検査・測定
・認知機能全般、記憶、行為、空間認知、注意、心理、社会面、ADLとIADL、生活環境、運動機能など、さまざまな手法を使って評価する

作業活動の選択
1.今を生きている対象者のQOLの維持と向上を目指すために必要なことは何か
2.上記を達成するために適切な作業活動を活用した介入を実践する


作業療法の留意点
1.成功体験に基づく喜びをもたらす
2.個別介入と集団介入を見極める
3.手本を見せるなど、視覚的な情報提示を心がける
4.肯定的なコミュニケーションを心がける
5.参加を無理強いしない


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.07.09 05:20 | 認知症ケア | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ認知症ケア作業療法における評価












管理者にだけ表示