理学療法の意義

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0041_convert_20140709052836.jpg

理学療法の意義について、ご紹介します。

理学療法とは、身体に障害のある人に対し、基本動作能力を回復するため、治療体操などの運動、または、マッサージ、電気刺激などの物理的手段を加えること。

認知症の人は、身体機能の低下していることが多く、このことがさらに認知症を悪化させる要因になる。

このため、認知症の人に対し、理学療法を実施することは、認知症の進行を遅らせ、QOLの点からも効果が期待できる。

特に、血管性認知症の場合、再発防止や転倒、骨折によるリスクが大きいため、理学療法は効果的。

理学療法士の役割
1.低運動(不活発)による廃用症候群の予防、改善
2.筋力・平衡機能など、その人の残存能力の維持や改善
3.運動器を中心とした痛みの改善

理学療法における評価
1.身体面
・関節可動域、筋力、痛み、平衡機能といった運動機能評価
・全身状態や精神状態・機能の把握(ADL評価、認知症検査)
2.社会面
・生活歴、家族状況、病歴の収集
3.環境面
・介護負担、在宅・施設の安全性といった生活状況の確認

認知症のADL評価では、単に動作が可能か不可能かだけをみるのではなく、詳細に動作分析をして、将来的な運動機能への影響も考慮して評価する。
※ADL評価法は、自己評価法、インタビュー法、直接観察法の3つがある。


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.07.11 06:52 | 認知症ケア | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ認知症ケア理学療法の意義












管理者にだけ表示