地域福祉の理念

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

018_convert_20131125081655.jpg


地域福祉の理念について、ご紹介します。

ソーシャル・インクルージョン
・ヨーロッパ諸国において、社会福祉の再編にあたり基調とされた理念で、社会から阻害されがちな人々を排除せずに、社会の構成員として包み込み共生社会を目指す考え方。
※社会的包含や社会的包摂とも呼ばれる

社会福祉法第3条は、サービス利用者の自立能力を適切に判断し、障害に対しては援助を、能力については活用を図る自立支援を適切に行うことが求められている。

地域自立生活支援の3理念
1.自立生活支援(自己決定、選択する地域生活主体であることへの支援)
2.地域生活支援(市民生活を営む上で、障害があるがゆえに必要な支援)
3.地域支援(互いの支援の必要性と可能性を共感し合える地域づくり)

入所施設における脱施設化や入所者の退所援助として地域移行が障害者分野を中心に進められている。地域生活の質の観点から、多様な住まい方と良好な住環境の保障を目指す居住福祉、豊かな地域関係や社会関係の支援を目指すためのサービスの地域密着化と住民参加を重要視している。

地域福祉のあり方研究会報告書
1.現行の仕組みでは対応しきれない生活課題に対応する役割
2.住民と行政の協働による「新たな支え合い(共助)」を確立する役割
3.地域社会再生の軸としての役割

上記の3点を新たな地域福祉の役割として位置づけた。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓

関連記事
2014.07.16 10:25 | 地域福祉 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ地域福祉地域福祉の理念












管理者にだけ表示