社会福祉協議会(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0146_convert_20140210073235.jpg


前回に引き続き、社会福祉協議会について、ご紹介します。

市町村社会福祉協議会の事業
1.社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
2.社会福祉に関する活動への住民参加の援助
3.社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整、実施
4.その他、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業

市町村社会福祉協議会の役割
1.地域福祉を進める公共的な組織として公民の協働の場を提供する
2.コミュニティワークなど地域福祉推進の専門性を提供する
3.諸団体、関係機関間を調整する

地区社会福祉協議会
・日常生活圏域を区域とする任意組織
・小学校区の設置が基本
・市町村社協支部の場合、自治会の福祉部に設置されることもある

新・社会福祉協議会基本要項(1992年)
1.社会福祉協議会の構成員の明確化
2.住民全体の理念の継承と発展
3.福祉サービス等の企画、実施の強化

日常生活自立支援事業
・認知症高齢者、知的障害者、精神障害者のうち判断能力が不十分な者に対し、利用者との契約に基づき、福祉サービスの利用を援助し、地域において自立した生活が送れるように支援する
・支援計画の作成や契約の締結に関する事務を行う専門員と専門員の指示を受けて援助する生活支援員によって業務が行われる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.07.21 05:05 | 地域福祉 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ地域福祉社会福祉協議会(2)












管理者にだけ表示