地域における福祉の専門職

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0030_convert_20140419064325.jpg


地域における福祉の専門職について、ご紹介します。

コミュニティー・ソーシャルワーカー
・全国社会福祉協議会の企画指導員
・都道府県・指定都市社会福祉協議会の福祉活動指導員
・市区町村社会福祉協議会の福祉活動専門員

福祉活動専門員
・区域内の民間社会福祉活動の推進方策について調査、企画、連絡調整、広報、指導その他の実践活動の推進を行う
・社会福祉士か社会福祉主事任用資格が必要

介護相談員
・利用者から介護サービスに関する要望や苦情を聞き、サービス提供者や行政等に働きかけるボランティア
・介護相談員派遣等事業に基づいて実施される都道府県、市区町村、委託された事業者等による養成研修を修了後、市区町村に登録が必要

認知症サポーター
・認知症に関する正しい知識や理解を身に付けた上で、認知症患者や家族の支援を行う
・厚生労働省の要請を受けて行われる自治体や企業等による養成講座を修了することが必要

ボランティア・コーディネーター
・ボランティアセンターでボランティアに支援を求める人と、ボランティアとして活動したい人とをつなぐ

※「地域福祉のあり方研究会報告書」では、共助を確立するための推進、整備方策として、情報の共有、活動拠点とともに、社会資源の調整や新たな活動の開発、ネットワーク形成を図る役割を担う地域福祉のコーディネーターの必要性を提起している

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.07.28 09:34 | 地域福祉 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ地域福祉地域における福祉の専門職












管理者にだけ表示