障害者福祉の歴史(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

117_convert_20131216190447.jpg


引き続き、障害者福祉の歴史について、ご紹介します。

1975(昭和50)年、障害者の権利宣言により、障害者の定義を「先天的か否かに拘わらず、身体的または精神的能力の不全のために、通常の個人生活または社会生活に必要なことを確保することが、自分自身では完全にまたは部分的にできない人のことを意味する」とした

1980(昭和55)年、WHO国際障害分類試案(ICIDH)では、障害を個人の特質である機能障害、そのために生ずる機能面の制約である能力低下・能力障害、その能力障害の社会的結果である社会的不利の3つのレベルに区分した

2001(平成13)年、新しく国際生活機能分類(ICF)がWHOで承認され、単に心身の障害による生活機能の障害を分類するのではなく、活動や社会参加に注目し、環境を含む背景因子と人間個人との相互関係が重視された

2002(平成14)年、日本では、新しい障害者基本計画が制定された。これは、1993(平成5)年から2002(平成14)年を計画期間とする「障害者対策に関する新長期計画」における「リハビリテーション」および「ノーマライゼーション」の理念を踏まえ、障害者の社会参加、参画に向けた施策の推進を図るため、2003(平成15)年土から10年間の講ずべき障害者施策の基本的方向を定めた


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓

関連記事
2014.07.30 10:35 | 障がい者福祉 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ障がい者福祉障害者福祉の歴史(2)












管理者にだけ表示