アウトリーチとは

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0122_convert_20140809150804.jpg


アウトリーチについて、ご紹介します。

アウトリーチ
・接近困難なクライエントに対し、援助者の方から積極的に出向いていくこと

接近困難なクライエント(インボランタリー・クライエント)
・貧困、多子、アルコール依存症など多くの問題を同時に抱え、福祉機関からサービスを受けながらも援助効果が上げにくく、援助を受けること自体に拒否的、消極的な人たち
※最初、拒否や抵抗があっても、援助者の意図を押し付けるのではなく、クライエントの意見に耳を傾け、具体的な要求に対し、誠実に対応していくことにより不信感を取り除くことが大切

インボランタリー・クライエント
・自ら援助を求めない個人や家庭だけでなく地域住民、地域社会などを含む

拒否的な態度をとるクライエントへの対応
・無理に介入していくのは避ける
・援助者側は見守りや情報提供をし、ニーズを掘り起こす
・地域住民とのつながりを構築することが大切

アウトリーチを可能にする要因
職員に関する要因
・ワーカー自身が社会的孤立状態にある人がいるという認識と積極的な働きかけが必要であるという認識をもつ力量があること
・ひとりのワーカーが地域に出て行っても業務が回る職員体制
サービスに関する要因
・提供されるサービスの質が高い
組織的要因
・ワーカーが資源活用に関する実質的な権限をもっている
地域の状況
・ワーカー、機関、地域との関係性

アウトリーチによるソーシャルワーク
・インボランタリー・クライエントに対し、援助の必要性を認識させ、問題解決に取り組んでいく動機付けを図ること


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.08.11 05:26 | 相談援助 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ相談援助アウトリーチとは












管理者にだけ表示