労働環境の変化

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0095_convert_20140816053556.jpg


労働環境の変化について、ご紹介します。

正規雇用
・期間の定めのない雇用契約を結んでいる雇用者

非正規雇用
・正規雇用以外の、パート・アルバイト、派遣社員、契約社員・嘱託

非正規雇用従業員の年間所得
・200万円未満が82パーセント
・週間就業時間が35時間以上で300万円未満は、男性67パーセント、女性82パーセント

ワーキング・プア
・正社員並みに働いても生活維持が困難、もしくは生活保護の水準にも満たない収入しか得られない就労者
※所得が低いだけでなく、非正規雇用からなかなか抜け出せない

共働き世帯
・2007(平成19)年以降、共働き世帯数が男性雇用者と専業主婦の世帯数を上回り、両社の差は年々、広がる傾向にある

高齢者雇用安定法の改正
・2013(平成25)年4月から、65歳未満に定年を定めている場合、定年以降の継続雇用を希望する者を原則として年金支給開始時期まで雇用することを事業所に義務付けた

男女共同参画社会基本法(1999年制定)
・家族を構成する男女が、相互の協力と社会の支援の下で家庭生活における活動に対して家族の一員としての役割を円滑に果たし、他の活動との両立ができる男女共同参画社会の形成をうたい、制度や慣行が男女の社会における活動の選択に対して及ぼす影響をできる限り中立的なものとするよう配慮しなければならない

男女雇用機会均等法(1986年施行)
・雇用段階における性別による差別的取扱い、間接差別、妊娠・出産を理由とする不利益取り扱いを禁止

ディーセント・ワーク
・人間らしい生活を継続的に営める人間らしい労働条件

ワークライフバランス
・仕事と生活の調和

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓

関連記事
2014.08.20 05:55 | 社会保障 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会保障労働環境の変化












管理者にだけ表示