社会保険と社会扶助

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0340_convert_20140320112824.jpg


社会保険と社会扶助について、ご紹介します。

社会保障
・個人の責任や自助努力では対応できないリスクに、相互に連帯して支え合い安定した生活を保障する共助と、自助や共助では対応できない状況に対して必要な生活保障をする公助とがある
※共助とは、年金・医療保険などの社会保険制度のこと
※公助とは、公的扶助や社会手当、社会福祉サービスのこと


社会保険の概念
・保険料を財源として、保険事故に対して給付を行う

社会保険の体系
・民間保険と違い非営利保険
・保険者が国または公的団体
・一定の要件にある者は強制加入
・加入には、国籍要件はない

社会保険の長所
・給付の利便性が明確
・給付条件に該当すれば平等に受給できる
・負担について被保険者の理解と合意を得やすい

社会保険の短所
・一律定型的な給付になりがち
・保険料の未納による無保険状態が発生する
・モラルハザードの誘発リスクがある
※モラルハザードとは、不正請求や不正受給

社会扶助の概念
・租税を財源として、国や地方自治体が施策としてサービスする

社会扶助の長所
・保険料などの拠出負担なしに給付が受けられる
・個別の需要にきめ細かく対応できる

社会扶助の短所
・制度の安住しがちな人たちが生じる
・資力調査や所得制限が前提となる
・給付に関して、スティグマを伴う
※スティグマとは、負の烙印


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.08.18 05:42 | 社会保障 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会保障社会保険と社会扶助












管理者にだけ表示