社会保険の管理運営

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG0081_convert_20140327124215.jpg


社会保険の管理運営について、ご紹介します。

日本の社会保険制度
・公的機関が保険者として実施しており、一定の要件に該当する人は加入しなければならず、以下の5種類がある
→年金保険、医療保険、労災保険、雇用保険、介護保険

社会保険の所管
1.国民年金、厚生年金、健康保険(協会)、船員保険
→地方厚生局、年金事務所
2.国民健康保険
→市町村、国民健康保険組合
3.介護保険
→市町村
4.労災保険
→都道府県労働局、労働基準監督署
5.雇用保険
→都道府県労働局、公共職業安定所
6.健康保険(組合)
→健康保険組合
7.後期高齢者医療制度
→後期高齢者医療広域連合(都道府県単位)
8.国家公務員共済組合
→財務省
9.地方公務員共済組合
→総務省
10.日本私立学校振興・共済事業団(私立教職員共済組合)
→文部科学省
※国家公務員共済組合、地方公務員共済組合、私立教職員共済組合は、各組合で事務を行う

不服申立制度(審査請求制度)
・一審制と二審制がある
・社会保険・労働保険は都道府県の社会保険(労災・雇用)審査官が一審
・厚生労働省の合議制の社会保険(労働保険)審査会が二審
※国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療制度は一審制で、審査会は都道府県に設置

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.08.19 05:06 | 社会保障 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会保障社会保険の管理運営












管理者にだけ表示