国民年金の概要(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0854_convert_20140824053752.jpg


前回に引き続き、国民年金について、ご紹介します。

年金額の算出方法の変遷
・1973(昭和48)年 物価スライド・再評価
→消費者物価指数5パーセント以上の変動に対応、標準報酬月額の再評価
・1990(平成02)年 完全自動物価スライド 
→前年の全国消費者物価指数に連動
・1994(平成06)年 可処分所得スライド 
→可処分所得の伸びに対応
・2000(平成12)年 賃金スライドの凍結
→65歳以上の既裁定者対象
・2004(平成16)年 マクロ経済スライド
→被保険者数の減少と平均寿命の延びに応じて給付を自動調整
※2004(平成16)年の改正により、年金額は5年ごとに財政収支の現況と100年間の財政均衡の見通しを作成し、財政の均衡を保てない場合、給付額を政府が調整することとなった

年金財政の調整は、保険料水準固定方式とマクロ経済スライドによる
保険料水準固定方式
・将来の保険料を固定し、その収入の範囲内で給付水準を児童的に調整する仕組み
※この調整は、年金受給者を含めて行われる
マクロ経済スライド
・賃金の伸び率から被保険者数、年間受給期間の伸び率を考慮し給付水準を決める

年金の支給開始時期は、原則65歳
※本人の希望により、60~64歳の繰り上げ支給(減額)と66歳以降の繰り下げ支給(増額)を選択できる


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.08.26 00:00 | 社会保障 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会保障国民年金の概要(2)












管理者にだけ表示