社会福祉法人制度

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0155_convert_20140901165849.jpg
社会福祉法人制度について、ご紹介します。

福祉サービスとは、社会福祉を目的とする事業

社会福祉を目的とする事業の内容
・社会福祉法第2条に規定する社会福祉事業
・介護保険法並びに障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)などの社会福祉関係法令に基づく事業
・その他の社会福祉を目的とする事業

国および地方公共団体
・社会福祉法第6条では、「社会福祉を目的とする事業の広範かつ計画的な実施が図られるよう適切な利用の推進に関する施策を講じなければならない」と規定
※福祉サービスの提供主体ではなく、制度の企画、立案、雲煙、管理の役割を果たすべき主体であるべき

社会市場、準市場
・一般の財について競争と選択が行われる場を市場と呼ぶのに対し、福祉サービスが提供される場は、社会市場、準市場と呼ばれることがある

サービスの量、価格、質
・一般市場では、需要と供給の関係で決まる
・社会市場では、職業的専門家の意向、政治的プロセス、国や地方公共団体の官僚による意思決定によって決まる

社会市場におけるサービスの質
・条例等により基準が具体的に示される
・望ましいサービスの方向性については、報酬の加算、減算で示される

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.09.02 00:00 | 福祉サービス | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ福祉サービス社会福祉法人制度












管理者にだけ表示