要介護高齢者の心理

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

これまで、一般的な高齢者の心理についてご説明しました。今回は、介護を必要とする段階に至った高齢者の心理的特長についてお話しします。

1.介護を必要とする高齢者の心理的特徴
身体の機能が不自由になるにつれ、他人、特に家族に対して依存する傾向が高まります。言い換えると、「介護されるのが当然」と思い込んでしまう高齢者が多いのです。

しかしながら、他人の介護なしでは生活できないことを自覚すると、みるみる自信を失い、不安や不満が生じやすくなります。

いわゆる「寝たきり」になる心理的要因は、「意欲の減退」が原因と言えます。つまり、高齢者自身が、「自分の健康状態を維持しよう」とか、「自分のことは他人に頼らず、自分でやろう」という意欲を失ってしまうのです。

この意欲の減退が始まると、家に閉じこもり、社会との付き合いが途絶える。運動不足から身体の機能不全を招き、寝たきりになるリスクが高まります。

このような状態は、孤独感となり、さらに絶望感に変わります。生きる気力を失うと心身機能の低下がますます進みます。

2.認知症高齢者の心理的特徴
一般に、高齢者は環境の急激な変化や周囲の言動の影響を受けやすく、判断を誤った場合、精神的に動揺し、混乱したりします。また、認知症の初期段階では、不安や戸惑いが多く現れます。

病状が進んでいくと、イライラや焦りが増し、周囲に対する怒り、不快感が激しくなります。この時期には、徘徊、妄想、幻想、異食、暴言、暴力といった「周辺症状」が現れます。

認知症の後期になると、自発性が失われ、発語などの身体活動がほとんど見られなくなります。決して何も感じていないのではなく、他人に対して反応を表さなくなるのです。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
関連記事
2013.03.02 22:30 | 高齢者の心理 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ高齢者の心理要介護高齢者の心理












管理者にだけ表示