介護老人保健施設の人員基準と利用者

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG0064_convert_20140327124132.jpg


介護老人保健施設の人員基準と利用者について、ご紹介します。

介護老人保健施設の人員基準
1.医師
→入所者100人に対して常勤換算方法で一人以上
2.薬剤師
→施設の実情に応じた適当数
3.介護職員・看護職員
→入所者3人に対して常勤換算方法で一人以上
※看護職員の人数は、総数の2/7程度
4.介護支援専門員
→入所者100人に対し一人以上
5.理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
→入所者100人に対し常勤換算方法で一人以上
6.栄養士
→入所定員100人以上の場合に一人以上
7.支援相談員
→入所者100人以上に対し一人以上

支援相談員の主な業務
・入所者及び家族の処遇上の相談
・レクリエーションなどの計画と指導
・市町村との連携
・ボランティアの指導など
※生活相談員とは業務内容は異なる

介護老人保健施設の利用者
1.症状が安定している人
2.施設介護サービス(入所)利用者は、要介護1~5の人
3.居宅介護サービス(短期入所療養介護、通所リハビリテーション)利用者は、要支援1または2、要介護1~5の人
4.要支援1または2の人は、地域包括支援センターと連携する介護老人保健施設で介護予防支援事業を利用できる
※施設介護サービス利用者と居宅介護サービス利用者とに分かれる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.09.11 06:45 | 保健医療サービス | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ保健医療サービス介護老人保健施設の人員基準と利用者












管理者にだけ表示