介護予防支援の概要

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0335_convert_20140510121443.jpg


介護予防支援の概要について、ご紹介します。

介護予防支援の業務委託
・介護予防支援事業者は、業務の一部を居宅介護支援事業者に委託できる
・委託するには、地域包括支援センター運営協議会の議を経る必要がある
・委託した場合でも、利用申し込みの受け付け、契約締結、介護報酬にかかる請求業務は、介護予防支援事業者が行う責任がある

・指定居宅介護支援事業者に業務委託した場合、介護予防サービス計画原案が適切に作成されているかの確認、評価内容の確認、今後の方針への指導や助言を行う
※居宅介護支援事業者に委託できる件数は、介護支援専門員一人当たり、原則8件までとされていたが、2012(平成24)年の基準改正により撤廃された

介護予防支援の介護報酬
・要支援者が指定介護予防支援事業者である地域包括支援センターから指定介護予防を受けたときに、介護予防サービス計画費が給付される
・要支援1、要支援2ともに介護予防支援非は、412単位(月額)
※全ての費用が保険適用のため、利用者負担はなし

介護予防マネジメント
・介護予防支援(要支援者への支援)
・介護予防事業(二次予防事業対象者への支援)

介護予防ケアマネジメントの流れ
1.アセスメント
2.介護予防ケアプラン作成
3.サービス担当者会議
4.本人の同意・プランの確定
5.サービス・事業の実施
6.効果の評価

※予防給付でも介護予防事業でも基本的に流れは同じ



↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.09.18 00:15 | 介護予防支援 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護予防支援介護予防支援の概要












管理者にだけ表示