課題分析(アセスメント)とは

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0965_convert_20140919204050.jpg


ケアマネジメントの過程で最初に行う課題分析(アセスメント)について、ご紹介します。

アセスメント
・利用者の残存能力を含めた身体的、心理的な状態、生活環境などの評価を通じて、利用者の実情を整理して特有の生活課題(ニーズ)を明らかにし、介護支援サービスを実践するための手続き
※介護支援専門員(ケアマネジャー)は、利用者の居宅を訪問して、利用者と家族に面接をして行わなければならない
※アセスメントは、要介護者について分析した上で、全人的にとらえることが重要

アセスメントの基本的な狙い
・ニーズの内容や程度を明らかにする
・ニーズに対応する利用者の能力を明らかにする
・ニーズに対応するインフォーマルなサポートを明らかにする
・ニーズに対応するフォーマルサービスの必要性と内容を明らかにする


課題分析表(アセスメントをするためのツール)
・日常生活動作(ADL)
・身体的健康
・精神的健康
・社会関係
・経済状況
・住生活環境
・ケア提供者の状況

上記7つの項目が含まれている

日常生活動作(ADL: Activities of Daily Living)
・食事、排泄、入浴、更衣、起居移動、整容など、人間が行う基本的な動作のこと

手段的日常動作(IADL:Instrumental Activities of Daily Living)
・炊事、掃除、洗濯、買物、金銭管理、趣味活動、公共交通機関の利用といった活動のこと

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.09.20 00:02 | 介護支援サービス | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護支援サービス課題分析(アセスメント)とは












管理者にだけ表示