居宅サービス計画(ケアプラン)の作成(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0969_convert_20140919204211.jpg


居宅サービス計画(ケアプラン)の作成について、ご紹介します。

居宅サービス計画を作成する目的と意義
1.計画の作成は、要介護者の生活課題(ニーズ)を基礎にしてサービスを提供していく「ニーズ優先アプローチ」、あるいは、要介護者等本位の立場から援助していく「サービス利用者主導アプローチ」を目指すものである
2.フォーマルサービスやインフォーマルなサポートを提供する組織、団体や個々人の仕事内容や役割分担を明確化する
3.介護支援専門員、要介護者等、サービスやサポートを提供する人々がチームとして統合される
4.要介護者等やサービスまたはサポート提供者の各々の責任が明確になる
5.個々のサービスやサポートが計画された役割を担い得たかで、評価が容易になる
6.介護支援専門員がサービス提供の遂行を援助していくガイドとなる

居宅サービス計画作成の流れ
・課題分析(アセスメント)
    ↓
・居宅サービス計画の原案作成
    ↓
・サービス担当者会議の開催(要介護者、家族およびサービス提供者の参加)
    ↓
・居宅サービス計画の修正
    ↓
・居宅サービス計画の完成(決定)


居宅サービス計画作成の手法
・介護支援専門員は、アセスメントを基にして居宅サービス計画を作成する。その内容は、計画の大きな方向性を示す支援目標の設定と具体的な居宅サービス計画の作成に分けられる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.09.21 00:00 | 介護支援サービス | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護支援サービス居宅サービス計画(ケアプラン)の作成(1)












管理者にだけ表示