居宅サービス計画の説明、同意、交付の義務とモニタリング

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0256_convert_20140919203822.jpg


居宅サービス計画の説明、同意、交付の義務とモニタリングについて、ご紹介します。

介護支援専門員は、サービス担当者会議後、決定した居宅サービス計画の内容について、利用者またはその家族に説明し、文書により利用者の同意を得なければならない

介護支援専門員は、居宅サービス計画を利用者およびサービス担当者に交付しなければならない
※交付する際、計画の趣旨及び内容等について十分に説明し、各担当者と情報共有及び連携を図る必要がある

・モニタリングとは、居宅サービスの実施状況を把握することで、具体的には以下の4つである
1.居宅サービス計画が適切に実施されているか
2.居宅サービス計画に盛り込まれている援助目標が達成されているか
3.個々のサービスやサポートの内容が適切であったか
4.居宅サービス計画の変更を求めるような新しい生活課題が生じていないか


介護支援専門員は、居宅サービス計画実施後に、利用者およびその家族、主治医、サービス提供事業者等と継続的に連絡をとり、以下の3つが義務つけられている
1.少なくとも1ヶ月に1回、定期的に利用者宅を訪問し、利用者に面接しなければならない
2.少なくとも1ヶ月に1回、必ずモニタリングの結果を記録しなければならない
3.モニタリングの結果は2年間、保存しなければならない


定期的なモニタリングにおいて、生活課題の変化が生じた場合、再課題分析(再アセスメント)を実施して、居宅サービス計画を見直す


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.09.25 00:08 | 介護支援サービス | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護支援サービス居宅サービス計画の説明、同意、交付の義務とモニタリング












管理者にだけ表示