居宅介護支援の介護報酬(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0107_convert_20140929214953.jpg


引き続き、居宅介護支援の介護報酬について、ご紹介します。

5.認知症加算
・日常生活に支障をきたす恐れのある症状もしくは行動がある認知症利用者に居宅介護支援を行った場合
※認知症高齢者の日常生活自立度Ⅲ以上の利用者

6.独居高齢者加算
・独居の利用者に居宅介護支援を行った場合に加算される

7.小規模多機能型居宅介護事業所連携加算
・利用者が、小規模多機能型居宅介護の利用を開始する際、介護支援専門員が事業所に出向き、利用者の居宅サービスの利用状況等について情報提供を行い、小規模多機能型居宅介護における居宅サービス計画の作成等に協力した場合に加算される

8.複合型サービス事業所連携加算
・利用者が複合型サービスの利用を開始する際、介護支援専門員が事業所に出向き、利用者の居宅サービスの利用状況等について情報提供を行い、複合型サービスにおける居宅サービス計画の作成等に協力した場合に加算される

9.緊急時等居宅カンファレンス加算
・病院または診療所の求めに応じ、その病院や診療所の医師、看護師等とともに利用者宅を訪問してカンファレンスを行い、必要に応じて、必要な居宅サービス等の利用に関する調整を行った場合、利用者1人につき1ヶ月に2回を限度として加算される


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.10.02 05:50 | 居宅介護支援 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ居宅介護支援居宅介護支援の介護報酬(2)












管理者にだけ表示