価値のハイラキー

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0229_convert_20141014221946.jpg



価値のハイラキーについて、ご紹介します。

価値のハイラキーとは
・ソーシャルワーカーが遭遇する倫理的ジレンマに対するガイドライン

1.クライエントの生命、健康、福利(ウェルビーイング)、生活に必要なことの権利は、守秘義務や福利、教育、レクリエーションといった追加的な「善」よりも優位である

2.ある人の福利(ウェルビーイング)は、ほかの人のプライバシー、自由、自己決定の権利よりも優位にある

3.人々の自己決定の権利は、その決定結果がほかの人の福利(ウェルビーイング)を侵さない限りにおいて、適切な知識で斟酌(しんしゃく)した教養のある自発的に決定するに値する基本的な人々の福利の権利よりも優位にある

4.クライエントの福利(ウェルビーイング)の権利は、ある種の法律、政策、機関の手続きよりも優位にある

※上記の解釈は、リーマーのハイラキーの考え方を基礎とし、ヘップワースの考え方を加えたもの


このガイドラインは、一定の方向を示したにすぎず、現実の事例に対しては、価値判断や客観的な解釈が伴う

ソーシャルワーカーは、倫理的なジレンマに遭遇したときには、複眼的な視点をもつことが重要であり、同時にスーパーバイザー等からの支援も必要となる


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.10.21 05:45 | 社会福祉士 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会福祉士価値のハイラキー












管理者にだけ表示