社会資源についての見方

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

PA110005_convert_20141021235618.jpg


ソーシャルワークにおける、社会資源についての見方を、ご紹介します。

社会資源とは
→ソーシャルニーズを充足するために動員される施設、設備、資金、物資さらに集団や個人の有する知識や技能の総称

ソーシャルワークは、社会資源を極めて重要な基礎単位としており、クライエント自身の内的な資源と、外部にある社会資源を合致させることで、クライエントのニーズの充足を図ることと言える

生態学的アプローチとは
→ソーシャルワーカーの役割は、人々の内的な資源と彼らの生活状況の外的な社会資源を合致させることであり、人々の問題状況は、諸資源のギブアンドテイクの関係の中で生じる交互作用過程の結果とみなされる

人間と交互作用する環境とは
・物理的環境:自然界と人工世界
・社会的環境:ソーシャルネットワークと官僚機構

生活問題とは
・他者、事物、場所、組織、理論、情報、価値を含む生態系の要素間の相互作用の所産

社会資源の構造
1.インフォーマルなもの
→家族、親せき、友人、同僚、近隣住民、ボランティア
2.フォーマルなもの
→企業、行政、非営利法人、団体、組織
3.サービスニーズ
・経済的な安定を求める
・就労の機会を求める
・身体的・精神的な健康を求める
・教育や文化、娯楽の機会を求める
・居住の場に対するニーズを求める
・家族や地域での個別的な生活維持を求める
・公正や安全を求める



↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓


関連記事
2014.10.25 04:48 | ソーシャルワーク | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページソーシャルワーク社会資源についての見方












管理者にだけ表示